portfolio | 施工事例1

date

2017年4月

client

鮨 信楽 様

project type

店舗1・2F階・外部エクステリア改修工事
家具・什器・建具制作

Contractor

㈱浅見技工
A-TECH DESIGN

絶品の本格江戸前寿司でもてなすくつろぎの和の空間を… 設計から材木の仕入れ、施工・制作までトータルプロデュース

新幹線やJR高崎線の熊谷駅北口より徒歩5分ほどの閑静な好立地にお店を構える江戸前寿司の名店「鮨 信楽」様の新規オープン工事で、設計から施工までトータルでお手伝いさせていただきました。弊社は普段より洋風建築や洋風デザインのイメージが強いと思われがちですが、実は和の建築も自信がございます。和で大事になるのはやはり木工工事ですが、弊社では材木の選定・仕入れから始まり、家具や什器、建具まで自社でオーダーメイド制作いたします。今回は施主様である山田代表と膝と膝を突き合わせ、『あまり敷居が高くなりすぎないよう、でもしっかりとした佇まいを残すような、そんなイメージのお店』作りにいたしました。3階建てビルの1階をカウンター席小上がりのあるメインフロアーに、2階を30名程度までが対応できる宴会場として改装し、外部ファサードもスタイリッシュな純和風デザインにリフォームいたしました。カウンターに使用したのはヒノキの一枚板。これにオーダーメイドで仕上げたオリジナル木製ネタケースを合わせました。棚やロッカー、建具なども全てオーダーメイドで制作。木のぬくもりが存分に味わうことができ、ゆったりとした柔らかい雰囲気を醸し出します。壁には本物の竹をふんだんに使用し、さらに照明はご来店なさったお客様が疲れてしまわぬよう、また、料理の美しさを損ねぬよう、そのほとんどを間接照明といたしました。小上がりは4名様までがお使いいただくことができるスペースとなっており、掘りごたつ式のレイアウトに。畳は従来の畳ではなく、クッション性のある高反発ウレタン製だから直に座っても疲れにくく、さらに清潔を保つため汚れに強いウレタン畳を採用いたしました。2階部分は前テナント様が使用されていた状態からなるべくコストを欠けない形でリフォームし、大小の各種ご宴会に十分対応できるような空間にし、家具はオーダーメイドで作ったヒノキのテーブルを配置いたしました。外部のエクステリアは改装前は白い洋風の外壁でしたが焼杉風の杉板でシックかつソリッドな雰囲気にイメージチェンジ。入り口部分は、玄関部分にあった下がり壁を解体し開口を広げ、木製のドアだった入り口も純和風のオーダーメイドの引き戸にすることで真っさらな暖簾の眩しさが際立つエントランスとなりました。また、改装前は数段の階段があったアプローチ部分も一度解体し、2段の広くて歩きやすいアプローチへと変えました。さらには町家などで見られるような屋根を取り付け、お店の顔であるオーダーメイドの木製看板を設置いたしました。これからこの熊谷という街で新たな歴史を作っていく名店のお手伝いができましたことを従業員一同大変誉れに思っております。